イベント
開催日:2016年12月02日 (金)

ドイツに学ぶ!森林・林業におけるGISの活用法

ドイツ・ロッテンブルク大学×岐阜県立森林文化アカデミー連携企画

ドイツに学ぶ!森林・林業におけるGISの活用法

12月2日(金)開催!

ドイツ・ロッテンブルク大学でGIS教育に携わるワーゲラー先生をお招きして、ドイツの森林林業界でのGIS活用事例を紹介して頂き、これからのGISの活用法についてディスカッションします!

 

「GISって何?」というそこのあなた!!GISとは地理情報システム(Geographic Information System)の略で、地図情報を検索、分析、表示できるシステムです。おなじみGoogle EarthもGISの一種です。

 

これからの森林管理に欠かせないGIS、日独双方のGISの活用事例を見ながら、今後の展望について考えます。

 

1.    開催日時

2016年12月2日(金) 13:00-16:30

2.    開催場所

岐阜県立森林文化アカデミー テクニカルセンター 多目的研修室A

3. 内容

2016年12月2日(金)

  12:30~  受付

  13:00~  ワーゲラー教授 「ドイツでのGISの活用方法およびロッテンブルク大学でのGIS教育」

Rainer Wagelaar

ロッテンブルグ大学ワーゲラー教授  GISが専門です

  14:30〜  休憩

  14:45~  民間事業体でのGIS活用事例、アカデミーでのGIS教育事例

  15:45~  パネルディスカッション

  16:30  アンケート記入、閉講

4.    対象

森林林業関係者、教員、学生、行政、GISに興味がある方

5.    定員

 40名

5.    参加費

  無料

6.    お申込み先

①氏名(ふりがな)②所属③性別④年齢⑤住所⑥連絡先(携帯)⑦メールアドレス

を記入の上タイトルに「ドイツに学ぶ!森林林業におけるGISの活用法」と明記の上、

sugimoto@forest.ac.jp (杉本)までお申し込みください。

 


文字の大きさを変更する
色を変更する