イベント
開催日:2017年12月14日 (木)

「ロッテンブルク大学サマースクール2017」報告会

サマースクールその1

 

ドイツのロッテンブルク林業大学 1) が主催するサマースクール2017 2) に、本学から学生と教員が参加しましたので、その報告会を開催します。ドイツの林業に関心をお持ちの方、下記プログラム(発表内容)に興味を持たれた方など、ぜひご参加ください。

 

日時 2017年12月14日(木)17:00~18:30

場所 森林文化アカデミー 多目的室(予定:参加人数により変更の場合あり)

 

17:00~17:30 エンジニア科1年 日下部智一 『ドイツサマースクール報告』

スクールでの研修内容を「化石燃料代替エネルギー」、「レクリエーション」、「木材生産・利用」の3テーマに整理して、ドイツで見聞きしたこと/学んだこと/考えたことを報告します。

17:30~18:30 教員 横井秀一 『ドイツの森林施業(造林/育林)』

スクールで見聞きした中から、「モミ・トウヒの単木択伐林施業」、「Continuous cover forestry(非皆伐林業)」、「ナラの crop tree management(収穫木施業)」「広葉樹を主とした市有林の施業」など、ドイツ南部の森林施業(主に造林と育林)に関して報告します。

 

参加費:無料

参加申し込み:当日参加も可ですが、会場準備のための人数把握をしたいので、できるだけ事前のご連絡を info@forest.ac.jp までお願いします。

 

 

1)本学と連携協定を結び、さまざまな交流をしています。

2)ロッテンブルク林業大学と協定を結んでいる学校(鹿児島大学・岩手大学・森林文化アカデミー)の学生のために、ロッテンブルク林業大学の主催で開かれているドイツでの研修会(今年で4年目)。今年は、協定締結校の他に信州大学・愛媛大学・宇都宮大学からも学生・引率教員が参加しました。研修の様子は、学生が書いた活動報告(下記リンク)をご参照ください。

ロッテンブルク大学サマースクール2017(その1)

ロッテンブルク大学サマースクール2017(その2)

ロッテンブルク大学サマースクール2017(その3)


文字の大きさを変更する
色を変更する