研究発表 2011年~現在

  • 横井秀一・三村晴彦(2016)約100年生のヒノキにおける樹高成長、およびそれと直径成長の関係.第127回日本森林学会大会.
  • 横井秀一・三村晴彦(2016)高齢ヒノキの樹高成長量およびそれと幹肥大成長量の関係.平成27年度中部森林技術交流発表会.
  • 横井秀一・三村晴彦(2015)中部地方のスギ高齢級人工林の林分構造.第126回日本森林学会大会.[講演集
  • 横井秀一・三村晴彦(2015)岐阜・愛知・富山県のスギ高齢人工林の林分構造.平成26年度中部森林技術交流発表会.
  • 横井秀一(2014)80年生・100年生ヒノキ人工林の胸高直径構造に間伐時の林齢が及ぼす影響.第4回中部森林学会大会.
  • 横井秀一・早川幸治(2014)東海地方におけるヒノキ高齢林の林分構造.第125回日本森林学会大会.[講演集
  • 早川幸治・横井秀一(2014)中部森林管理局管内における高齢ヒノキ人工林の林分構造.平成26年度中部森林技術交流発表会.
  • 横井秀一・早川幸治(2013)高標高・多雪の環境下に成立した高齢スギ人工林の林分構造ならびに個体の胸高直径と樹冠サイズの関係.第3回中部森林学会大会.
  • 横井秀一・早川幸治(2013)高齢ヒノキの樹冠サイズと直近の肥大成長量の関係.第124回日本森林学会大会.[講演集
  • 横井秀一・早川幸治(2012)樹齢100年クラスのヒノキ人工林におけるヒノキ個体の胸高直径と樹冠長・樹冠幅の関係.第123回日本森林学会大会.[講演集
  • 早川幸治・横井秀一(2012)長伐期施業における樹冠長率を指標とした森林管理技術の開発.平成23年度中部森林技術交流発表会.
  • 横井秀一・早川幸治(2011)高齢スギ人工林におけるスギ個体の胸高直径と樹冠サイズの関係.第1回中部森林学会大会.
  • 横井秀一・早川幸治・大洞智宏・田中伸治(2011)高齢スギ人工林におけるスギ個体の胸高直径,樹高,枝下高,樹冠幅の関係.第122回日本森林学会大会.[講演集
  • 古川邦明・横井秀一・杉本和也(2011)林内走行による皆伐集材の土壌への影響.第122回日本森林学会大会.

文字の大きさを変更する
色を変更する