ワガサチェア

18517592185_8d99dbf621_b寸法:幅450mm 奥行490mm 高さ820mm 座面430mm
重量: 2.5kg
材料:エゴノキ、マダケ、和紙 (和傘と同じ材料で制作)
仕上げ:無塗装(石鹸水で拭き、ムクノキの葉で研磨)

傘の骨をつなぎとめる部品「傘ロクロ」はエゴノキでできており、細かい切込みを入れても欠けない粘り強さからこの樹種でなければならないとされてきた。 このエゴノキを収穫する人が亡くなったため、森林文化アカデミー・和傘職人・林業グループが共同で、日本中の和傘づくりに必要なエゴノキを毎年収穫している。持続的に和傘用の細い樹を収穫し続けるためには、太すぎる樹も伐採して森を更新していかなければならない。この椅子はエゴノキの持続的利用と和傘支援のシンボルとして、間引いた直径10センチ程度のエゴノキをフレームに用いた。和傘の材料であるマダケを背に、和紙を座面に生かしている。加工はすべて手工具のみを使用。木工家ウィークNAGOYA2015出品作品。


文字の大きさを変更する
色を変更する