グリーンウッドワークの開発と普及

imageimage-1一般の人が木工を気軽に楽しめるように、さまざまな人力の道具を開発している。写真は「削り馬」と呼ばれる道具。 またがって材料を固定し、安全に削ることができる。簡単に折り畳みも可能。材料には東濃ヒノキを使用している。また開発した道具を使って、一般向けのスプーンづくりや椅子づくりなどのグリーンウッドワーク講座を考案し、森林文化アカデミーの生涯学習講座などで普及に努めている。また、飛騨木工連合会の加盟企業の職人向けにグリーンウッドワークの短期技術研修を実施するなど、プロ向けの研修も行なっている。


文字の大きさを変更する
色を変更する