「魂の種子~ゾウトカラスノ涙ノユクエ」

写真10

震災関連の展覧会のために再制作した作品である。2010年に日本の畳む文化の着目し考案した工芸的要素である「入れ子の棚」と、美術の範疇に入る、「烏の嘴」「象の牙」のオブジェで生死を表現。生死が、抗えない自然により左右されることを、浮遊するモビールで表現した。

450×600×1700

ヒノキ・クス・サワラ・ヤマザクラ・ビーズ・胡粉・鉛

震災関連展覧会「KAWA NO JI」(美濃・紙の芸術村工房)

2010

 

 

 


文字の大きさを変更する
色を変更する