森林環境教育専攻
卒業生の進路

立山 凪(たてやま しずか)

  プロフィール

  1994年生まれ。福井県出身。大学卒業後の2017年に岐阜県立森林文化アカデミーに入学。卒業後は、
  お寺・海女・農家民宿(https://saiyouji0000.wixsite.com/saiyouji)のトリプルワークで頑張って
  います。

  アカデミー入学のきっかけは?

   もともとは、大学で建築を専攻していて卒業論文では放置竹林の教育分野での空間利活用について
  研究していました。その中で、アカデミーを知り、おもしろそうだなと思い入学しました。最初は、
  木工か木造建築のコースにしようと思っていましたが、入学してすぐのころ先生たちに話を聞いて回
  る中で、「一つのことを突き詰めるか、何でもできる面白い人になりたいのか」という言葉がすごく
  心に残って、全く選択肢になかったはずの森林環境教育を選択しました。

  今の仕事とアカデミーでの学び

   今の私の仕事は、メインはお寺でのあれこれで、空いている時間は民宿のお客さんをおもてなししたり、
  畑をしたり、アウトドアキッチンを作ってみたり、海に潜って貝や海藻をとったりとバタバタと忙しく過
  ごしています。アカデミーの授業でパーマカルチャーに興味をもって、今も実践中です。ちなみにパーマ
        カルチャーとは、パーマネント(永続性)、農業(アグリカルチャー)、文化(カルチャー)を組み合わ
        せた造語で、それぞれが持続可能な社会システムをデザインしていくという考え方です。農家民宿やお寺を
        整える中でも意識して取り入れています。

            私が住んでいるのは、田舎の海の真ん前にあるお寺です。コロナ禍で家でごろごろしていた時に、もっと
        人が集まるような仕組みを積極的に考えねば!と2019年から農家民宿を始めました。民宿にくるお客さん
        はほとんどが都会暮らしの人で、田舎の雰囲気を体験したい人やデジタルデトックスをしに来る人、新鮮な
        魚介類や野菜を求める人などニーズは様々です。そのなかで、ここでの滞在が都市に戻った時に、すこしで
        も自然とのつながりを感じてもらえるような体験にできるといいなと思っています。

             アカデミーではあっという間に2年過ぎてしましましたが、アカデミーでたくさんの人に会って、話を
         聞いて、体験してという学びがなければ、農家民宿はやってなかったかもな~と感じています。