森と木のエンジニア科

1 豊富な実習

本学では現地現物主義で、座学のみの知識習得だけではなく、実習により「見て」、「感じて」、「体験して」、まさに身をもって知識や技術を習得することが出来ます。そんな実習の数々を紹介します。

 

樹木同定

山を知るためには樹木の名前を覚えることが重要です。暖温帯に分布する樹木、冷温帯に分布する樹木、尾根沿いに分布する樹木、谷沿いに分布する樹木など、樹木の名前をすることで、その土地の水分条件、気候が見えてきます。

100樹種を正解できるか?「樹木・木材同定実習」の試験

測量

植栽、下刈り、間伐など各種の森林施業を行うためには対象範囲の面積を測ることが重要です。面積が分からないことには何本の苗木が必要なのか、何日間の作業が必要なのか、段取りすることができません。最近では、レーザーコンパスにより測量することも多いですが、アナログもレーザーもどちらも使い方を学びます。

「測量」~森林測量の基本はコンパス測量 (その1)

 

野生動物

樹木だけではありません。シカやイノシシについて考えることも、林業する上でとっても重要なことです。

狩猟免許取得を目指せ!En科2年生「森林獣害」・Cr科1年「森林獣害の基礎」

 

林業機械による実習

チェンソー、グラップル、スイングヤーダ、タワーヤーダ、フォワーダなど機械を利用して、実習を行っています。

くわしくはコチラをご覧ください。

林業機械

 

炭焼

伐採搬出で出てくる端材を用いて、炭を焼く実習があります。演習林の中に炭釜が一つ、簡易なドラム缶釜もあります。

只今、炭焼きやってます! エンジニア科2年「木質資源の様々な利用」

キャンプ

学生がキャンプをするのではなく、子供たちを呼んでキャンプを運営する授業があります。ご飯の準備に、イベントに企画にとっても大忙し。子供と接することで、いろんな学びがあります。

「夏のもりもりキャンプ」やっちゃいました!    (木育・森林環境教育実習1&自然体験活動実習)

 

文字の大きさを変更する
色を変更する