森と木のエンジニア科
卒業生の進路

伊藤 貴史 -基本操作が大事-

伊藤 貴史君(2016年3月卒業) 郡上森林組合

 

プロフィール

森林文化アカデミー エンジニア科14期生

1995年生まれ
郡上市出身
卒業後、郡上森林組合に就職

質問1) どんな仕事を担当していますか?

郡上森林組合の作業班員として、森林施業全般の現場業務を行っています。

 

質問2) 仕事の状況は?

現在、みどり班(新人養成班)に所属し、ベテラン班長さんの下で現場技術の修行中です。大ベテランの班長さんから様々な現場テクニックを学ぶことはとても楽しくためになります。これまでに、雪害木処理、下刈り、シカ対策の忌避剤塗付・防護柵設置、間伐など様々な作業を経験してきました。ペース配分がわかってくれば、体力面は大丈夫ですが、急傾斜地や転石のあるハードな現場ではいつも緊張します。

 

質問3) 職場で大切にしたいことは?

現場では常に仲間の動きや配置を意識し、集中力を切らさないよう作業することを心がけています。また、自分を甘やかさないよう(心が折れないよう)気を付けています。新年度からは、一般作業班に配属され、給料も歩合制となります。自分を甘やかしていては、作業もはかどらず、収入にも影響します。

質問4) 後輩にひとこと

基本操作をしっかり身に着けておくことが大事です。一本でも多く伐採を経験してください。

文字の大きさを変更する
色を変更する