教員紹介
よこいしゅういち

横井 秀一

教授
専門分野 森林施業(造林・育林)
森林生態
最終学歴 千葉大学大学院園芸学研究科
研究テーマ 針葉樹人工林の施業技術
広葉樹二次林の施業技術
広葉樹人工林の施業技術

経歴

1979年、千葉大学園芸学部環境緑地学科に入学。緑地保全学研究室で、森林生態などについて学ぶ。卒論のテーマは「フィールドサインからみたニホンカモシカの行動」。カモシカが移動・採食・休憩に利用する場所(地形・植生)とその季節変化を調べた。ちなみに、大学入学当時はスギとヒノキの区別ができなかった。

もう少し勉強(研究)したくて、同大学院園芸学研究科に進学。修論のテーマは「南関東地方におけるスダジイの萌芽による個体維持」。伐根からの萌芽ではなく、普通に生きているときから出ている根元からの萌芽が、個体維持にとって重要な意義があるという内容。

1986年、岐阜県に入庁。希望どおり、寒冷地林業試験場(高山市)に配属される。ここで、「積雪地帯におけるスギ人工林の育成技術」、「広葉樹人工林の造成技術」、「広葉樹二次林における用材生産のための育林技術」、「積雪が原因で不成績化した人工林の管理技術」などの研究に取り組む。いずれも、条件不利など一筋縄でいかないものばかり。このときの研究が、後々の財産になったと思う。

実は、大学で林業を学んだわけではないので、入庁当時は林業のことをほとんど知らなかった。大学・大学院で学んだ樹木と森林生態の知識で乗り切りながら、林業のことを勉強した。

1998年、行政改革の一環で林業センターと寒冷地林業試験場が統合され、森林科学研究所(美濃市)が発足。研究対象が、これまでの積雪地帯・寒冷地帯から県下全域に広がる。それに伴い、「人工林の長伐期施業技術」、「ヒノキ人工林の表土流亡防止技術」、「天然更新を活用した森林更新技術」、「人工林の高齢化に適応した間伐技術」などの研究を展開。

森林研究所に勤務していた2006年に、岐阜大学大学院連合農学研究科に論文を提出し、博士号(農学)を取得。論文の題名は「積雪地帯のスギ不成績造林地に関する造林学的研究」。これは、寒冷地林業試験場の時代からの研究をまとめたもの。本当はもっと早くまとめられていたはずなのに、ズルズルとここまでかかってしまった。

2010年、森林文化アカデミーに異動。これにより、研究一色の世界から教育がメインの世界に転身。

専門分野に対する思い

林業は、おもしろい。

林業を営んでいるわけではないので、そこを突かれると痛いが、林業はおもしろいと思う。なので、多くの人が「林業はおもしろい」、「林業って素敵だ」と思えるよう、働きかけたい。

受賞歴

  • 第45回日本林業技術賞:「広葉樹林の造成・保育技術に関する研究およびその普及」1999
  • 第14回全国林業試験研究機関協議会研究功績賞:「積雪地帯におけるスギの造林限界とスギ不成績造林地の取扱いに関する研究」2002

役職・社会貢献

  • 日本森林技術協会 代議員
  • 森林立地学会 理事
  • 森林施業研究会 代表
  • 中部森林管理局 森林計画検討委員
  • 山県市森林づくり会議 委員
  • 池田町森林づくり推進会議 委員
  • 福井県林業研究評価委員

最近の研究テーマ

  • 樹冠構造を指標とした森林管理技術の検討
  • 今の時代に適応した森林更新技術の検討

著書

広葉樹の森づくり 2014年 豪雪地帯林業技術開発協議会編 日本林業調査会
日本樹木誌1(コナラ) 2009年 日本樹木誌編集委員会編 日本林業調査会
主張する森林施業論-22世紀を展望する森林管理- 2007年 森林施業研究会編 日本林業調査会
雪国の森林づくり-スギ造林の現状と広葉樹の活用- 2000年 豪雪地帯林業技術開発協議会編 日本林業調査会