教員紹介
いさじ あきよし

伊佐治 彰祥

教授
専門分野 林業機械・林産・森林獣害
最終学歴 日本大学農獣医学部林学科
研究テーマ ・簡易な木材利用技術の普及
・森林獣害防除技術の普及
・森林作業安全装備の普及

経歴

1979年~ 日本大学農獣医学部林学科に入学。在学中は、野生動物研究室に所属、ノネズミ生態調査に参加。

1983年~ 岐阜県庁に入庁。林業振興課資源調査係に配属。同年、林業普及指導員資格を取得。以降、飛騨県事務所、伊奈波県事務所において林業普及業務に従事。この間、松くい虫防除業務、林地開発・保安林業務を経験。

1990年~ 林業専門技術員資格(林産)を取得。林政部森林整備課、林業振興課において林産部門の林業専門技術員として普及業務に従事。

林業振興課在職時の1995年、阪神・淡路大震災が発生。産直住宅建設団体ボランティアに同行し、屋根の応急修理活動を支援。

1997年~ 林業短期大学校に異動。同年、林業専門技術員(林業機械)の資格を取得。林産、林業機械部門の林業専門技術員として林業普及業務、人材育成に従事。

2003年~ 林政部林業振興課、東濃農林事務所、林政部県産材流通課、郡上農林事務所、中濃農林事務所に勤務。里山林整備ボランティア講座創設・運営、健全で豊かな森林づくりプロジェクト支援、森林経営計画策定促進に取り組む。

2013年、森林総合監理士資格取得。

2015年~ 森林文化アカデミー森林技術開発・支援センターに異動。林業普及業務 通算28年。

2016年~ 同アカデミー教員。

 

専門分野に対する思い

かつて、いたるところに皆伐地が見られた日本の森林、今では豊かな緑に覆われている。「スギやヒノキの山ばかり」と批判されることもあるが、世界で森林減少が問題となる国が多い中、森林が量的に確保された日本の現状をまずは評価し、先人に感謝したい。

「スギやヒノキの山ばかり」というものの、スギ、ヒノキは海外もうらやむ良質な木材資源。ちなみに、ここ40年ほど我が国の人工林率は40%前後で推移しており、大きな変化はない。森林の量的確保がなされた今、改めて森林の質的向上、資源の有効活用を目指したい。

教員就任を機に、アカデミーにはチェンソー防護服の着用等を定めた実習時の服装コードがあることを知る。これに合わせ、自分も真っ赤なチェンソー防護ズボンやブーツを購入。これまでは、夏の暑さや歩きづらさを言い訳に着用を先送りにしてきたが、もうそれはできない。「ど派手な衣装で年甲斐もなく」と冷やかされても、おじさん先生は、防護服を着用し実習に臨む。

 

研究・プロジェクト等

・簡易製炭技術の普及
・簡易製材技術の普及
・里山林整備ボランティア講座事業(多治見市)
・健全で豊かな森林づくりプロジェクト(郡上市、関市)
・健全で豊かな森林づくりチャレンジ事業(郡上市)
・地域展開型森林づくりプロジェクト(関市、美濃市)

 

趣味

・鳥・獣・魚類捕獲アクティビティー
・山歩き、川遊び