海外連携

グローバルなネットワークを構築し、ローカルな課題に取り組む

森林や木材に関わる課題を解決したり、新たな仕組みを構築するためには、グローバルな知識・技術の交流や、産官学の垣根を超えた幅広い人材の連携が求められます。岐阜県では林業先進地・ドイツとの間で連携の覚書を締結し、教員や学生同士のさまざまな交流を始めています。また、岐阜県内の森林・林業・木材産業に関わる企業と県や森林文化アカデミーが共同で研究や開発を行う「森林技術開発・普及コンソーシアム」もスタートしました。